ここを比較しよう!個別指導塾

1. 講師の質、講師との相性
やはり一番は講師。個別指導は長い時間をその講師と1:1または1:2の濃密な時間を過ごします。無理なく受験を乗り越えるために、まずは講師の授業の分かりやすさとその講師と我が子との相性を確認する必要があります。体験授業などを通して、苦手な教科をどのように指導してくれるかを確認してみましょう。また、講師が学生アルバイトなのか、社会人のプロ講師なのかも確認しておくと良いと思います。学生アルバイトだと、教育実習などの事情や、大学の行事の関連で休むことがあるかもしれません。

2. 各塾の「個別」の定義
一度に授業を受ける人数を必ず確認しましょう。完全1:1なのか、時々1:3になるのか、などとても大切です。ずっと見続けられたい、講師を独り占めしたいのであれば、完全1:1のところを、少しは自分で考える時間が欲しい場合などは1:2~1:3ぐらいのところが適切かもしれません。

3. 立地
個別指導塾は集団指導塾と違い、大人数で駅まで移動するような塾ではありません。授業が終わる時間もバラバラになります。そのため、駅から少し遠いだけでもお迎えが必要になることがあります。必ず確認しましょう。

4. 授業料
個別指導塾の授業料はピンキリです。家庭の事情に合わせて、最適な授業料の塾を選びましょう。

まずはこの4点を、自分の目とお子さんの目で確認しましょう。